【ひゃくいちを味わう】@秦家住宅

「ひゃくいち」はわが家に代々伝わるお漬物。
師走からいくつかの節を越して立夏過ぎる頃まで
およそ150日、熟成のときを心待ちします。

葵祭のころ
香り、色ともに初々しい「ひゃくいち」と、
新茶をかけていただく豆ごはんのお茶漬けは、
緑深まるこの季節が身体に染みわっていくような
贅沢な朝ごはんです。

八十八夜初摘みの新茶は、
「無病息災長寿めでたし」と伝えられているのだそう。
ひゃくいち+新茶+えんどう豆
初もの三種のとりあわせはご利益も三倍に…

ゆるゆると開きます。

奥庭の新緑の景色とともに、
初夏の味覚をお供に、
静かなひとときをお過ごしいただければ幸いです。

++++++++++++

〜ご案内〜
【ひゃくいちを味わう】@秦家住宅

日:5/16(日)~29(土) ※24(月)休み
時間:11時~、13時~、15時~、各4名まで(前日までに要予約)
会費:2.500円

予約先:
075-351-2565
mail2565@hata-ke.jp

◯ご予約
①日時
②全員のお名前
③御連絡先電話番号をお知らせください。

◯お願い
・マスクをお持ちください。
・手指の消毒をお願いしています。
・体調不良の方はご遠慮願います。

++++++++++++
新茶:令和三年極上手摘み
宇治茶師かねまた(宇治田原):
谷口郁男詰