7月14日-16日 ご案内

2021年 夏 未だ治らぬ困難な世情、それでも変わらずお祭りの季節はめぐってきます。山鉾町それぞれが、それぞれのお祭りの成すべき形に粛々と向き合う祇園祭になりそうです。 今年も山は出ませんが住まいを山…

【ひゃくいちを味わう】@秦家住宅

「ひゃくいち」はわが家に代々伝わるお漬物。師走からいくつかの節を越して立夏過ぎる頃までおよそ150日、熟成のときを心待ちします。 葵祭のころ香り、色ともに初々しい「ひゃくいち」と、新茶をかけていただく…

7月14日-16日 ご案内

〜ご案内〜 2020夏 困難な世情だからこそ、心でまつりたい…今年限りの祇園さん 街には鉾も山も出ませんが住まいを山にみたて「どうぞ厄災を祓うてください」…と、《法華の守護神三十番神》《鬼子…

お漬けもん 夏〜秋

おどぼ ぬか漬けのことを京都では「どぼ漬け」、またこれをさらに略して「おどぼ」と 言います。わが家のオダイドコでぬか床を仕込むのは夏野菜が旬を迎える頃。◯年物のぬか床を持つ習慣はありません。「おどぼ」…

10月6日(日)秋の朗読会 開催のお知らせ

「朗読お茶会」の主催者 星野祐美子さんから、秋の朗読会のプログラムが届きました。秦家住宅で、物語に耳を傾けるひとときを…。大人も子どもも、ぜひお越しください。おいしいお茶を用意してお待ちしています。 …

お漬けもん 春〜

ひゃくいち 「ひゃくいち」は、丸大根を米ぬか・塩・茄子の葉で漬けたわが家のお漬物です。 12月の初めに漬け込んで冬を越して4ヶ月ほど。長い発酵の過程を経て漬かりあがった丸大根が、 琥珀色をした「ひゃく…

ウェブサイト改訂のお知らせ

9月5日からウェブサイトを改訂いたしましたのでお知らせします。今後も皆さまに親しんでいただけるよう内容の充実を図るよう努めて参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

かぞえ唄

毎年きまってめぐって来る我が家の暮らしの暦を4月からひと月づつイメージしてみると自然に言葉が浮かんで、かぞえ唄になりました。 はんなり おかざり おひなさんあおばのころの かしわもちつゆのあわさい た…